効き目バッチリバイアグラ

バイアグラは性欲を誘発させる、比較的に効果が早くあらわれる医薬品です。基本的に薬品全ては用法と用量を守った上で服用すべきですが、用量を守らなかった場合には、デメリットが生じます。

メインイメージ

バイアグラの成分、シルデナフィル成分を詳しく説明

シルデナフィル成分について

バイアグラの成分を詳しく解説日本では、多くの男性が勃起不全で悩んでいます。勃起不全といっても、その症状は人によって様々です。勃起が起こらない状態や、勃起しても維持できない状態、硬さが不十分な状態は、すべて勃起不全に該当するのです。

最近は、若い男性でも勃起不全を発症するケースが増えています。若い男性の場合は、ストレスなどが原因の心因性の勃起不全が多く、ストレスがなくなった途端に、症状が出なくなる人もいます。

勃起は、性的な興奮が伝わり、陰茎の血管が拡張して起こります。陰茎の血管が拡張するときに重要な役割を担っている成分があるのですが、この成分を分解するPDE5と呼ばれる酵素も陰茎内に存在しているのです。

PDEは、勃起を終了させるために必要な酵素なのですが、性交時にPDE5が増えてしまうと勃起不全を引き起こす原因になってしまうのです。

勃起不全の治療薬は、PDE5阻害薬と呼ばれています。PDE5を阻害することで、勃起の持続効果が期待できます。日本で最初の勃起不全の治療薬であり、販売当初から爆発的に売れて、様々なメディアでも話題になった治療薬がバイアグラです。

バイアグラは、世界で初めて勃起不全の治療薬として開発された薬で、世界中で使われています。詳しく解説すると、バイアグラの有効成分は、シルデナフィルです。シルデナフィルは、陰茎が勃起するのを止めるPDE5を阻害します。

バイアグラは、安全性と有効性が高い世界初の勃起不全の治療薬として一世を風靡しましたが、元々は狭心症の薬として開発されていたのです。

しかし、なかなか成果が出ず、臨床試験の中止を決めたのです。ところが、治験薬剤を返却しない患者がおり、その理由が勃起のサポート力だったのです。

シルデナフィルに勃起不全を改善する効果があることがわかり、世界初の勃起不全の治療薬が誕生することになったのです。バイアグラは、とても人気が高い治療薬ですが、すべての人が利用できるわけではありません。硝酸剤を使っている人は、服用できません。狭心症の発作では、ニトログリセリンがよく処方されます。

ニトログリセリンを飲んでいる人や、吸入している人、貼り薬を使っている人は、危険なレベルまで血圧が下がることがあるので、絶対に服用してはいけないのです。

持病があり、他にも薬を飲んでいる場合は、事前に医師か薬剤師に相談した方が安心です。性行為は、心臓に負担がかかるので、健康に問題がある場合は、医師とよく相談してから性行為を行うことが大切です。