効き目バッチリバイアグラ

バイアグラは性欲を誘発させる、比較的に効果が早くあらわれる医薬品です。基本的に薬品全ては用法と用量を守った上で服用すべきですが、用量を守らなかった場合には、デメリットが生じます。

メインイメージ

バイアグラの間違った使い方とはどんな使い方があるのか?

バイアグラの間違った服用方法

間違ったバイアグラの使い方とは?バイアグラを服用すれば、性行為が満足にできない状態に陥ってしまう勃起不全の症状を解消することができます。勃起不全治療薬として最初に登場した製品とあり、国内でもとても高い知名度を誇ります。

優れた効き目を持っているものの、間違った使い方をすれば効き目が十分に引き出せなかったり、副作用が出る確率を高めてしまいますので、必ず正しい使い方をマスターしましょう。

間違った使い方として見られるのが、1日に2錠以上の服用です。バイアグラは定められた量を1日に1錠服用するのが正しい使い方です。1回服用したなら、24時間を超える間隔をあけて、再び服用しなければなりません。

有効成分が25mgと50mg、100mg配合されている3種類の錠剤が存在します。日本国内では25mgと50mgの錠剤の処方が許されていますから、日本人であれば1回の服用量は50mgが上限だと考えてください。

1回服用したなら上限に達していない状態であっても、24時間以内にもう1回服用するのは避けましょう。

因みに、1回に1錠をきちんと使う決まりはなく、効き目に合わせて錠剤をカットし、少ない量に調整することは可能です。1錠だと効きすぎるのであればピルカッターなどを使い、量を調整してみましょう。

この場合も1日1回の服用に留めてください。バイアグラは食事のカロリーの影響を受けやすい薬です。食事に含まれる油分が薬の成分の吸収を妨げてしまい、効果が十分に発揮されなくなる危険があります。

食事と一緒に服用するのは薬の無駄遣いになりますので、避けるようにしましょう。

おすすめのタイミングは空腹時です。食前のお腹に食べ物が残っていない状態で服用すれば、バイアグラの成分の効果を最大限に引き出せます。

吸収が終わればその後に食事をしてもよく効いてくれます。食事の30分から40分よりも前に服用するのが良いでしょう。食事をしなければならない状態であれば、油分の少ないあっさりした食事内容にし、あまり量を食べないようにします。

その後に服用すれば効き目が得られますが、食後すぐに服用するのは間違った使い方です。2時間くらい経過した後に服用しましょう。

服用の際には水だけでなく、お湯やお茶、ジュースで飲んでも構いません。しかし、牛乳で飲むと効果を弱めますからやめましょう。牛乳ばかりでなく、脂肪分の多い飲料で服用しないようにしてください。アルコールは飲み過ぎなければ影響が少ないため、心配はいりません。